住所:青森県弘前市広野1丁目14-3

TEL:0172-87-0822
FAX:0172-87-0860
大きな地図で見る
お問い合わせはこちら

外壁塗替えのタイミング

塗替えのタイミング



外壁塗装

「外壁の塗替えはいつ行えばいいのか」


一般的に7~10年に一度といわれていますが、これはあくまで目安とお考え下さい。


塗替えのタイミング、塗膜の劣化状況は、使っている塗料はもちろん、
日当たりや外壁の素材・部位などで異なるからです。

そのため、適切なタイミングを見極めるには、実際に外壁状態をチェックするのが一番の方法です。


「触ると手に白い粉がつく(チョーキング)」



壁に触って手に白い粉がついた場合は、塗膜が劣化しているサイン。

防水性が低下しており、外壁を保護する役割を果たすことができない
状態になっています。


「コケやカビの発生」

日当たりの悪い場所や湿気がたまりやすいところでは、塗膜が劣化すると
防水機能が低下するため、コケやカビが発生してしまいます。

カビやコケが発生すると、保護機能だけでなく、美観まで低下してしまいます。


「塗膜のひび割れ・亀裂」

大きなひび割れではなくても油断は禁物です。
細かいひび割れからも雨水等が浸水していくこともあります。

水分が浸透していくと、徐々に外壁を劣化させていきます。
劣化が進むと家屋事態の耐久性に影響を及ぼします。


「塗膜のふくれ・剥がれ」


塗装が剥がれている場合は、もはや塗装の役割を果たしていません。

塗膜の剥がれなどが発生するまで劣化していると、雨漏りや建物の強度低下など、
大きなトラブルに発展してしまうこともあります